smalltownhostelロゴ

NEWS

ニュース

【イベント後記】おみそ de Night ~手前味噌と美味しい発酵の夕べ~

2018年07月13日
ゲストハウス 発酵 イベント 合宿

かなり時間があいてしまいましたが、「おみそ de Night ~手前味噌と美味しい発酵の夕べ~」(通称味噌合宿)のイベント報告です。

【開催概要と経緯】

日程:2018331()41()  12

参加人数:両日4名・2日目のみ3(+子供2)  合計7

講師:まるやま荘 野田義洋さん・フードスタイリスト 近藤緑さん


「暮らしを見つける宿」として、普段着の朝ごはんをお出ししている当宿。

至ってシンプルな構成だけに、素材は函館の美味しいものにこだわっています。

中でも「お味噌汁が美味しい!」という感想をチラホラいただくこともあり、宿手作りのお味噌でお味噌汁を提供できたら楽しいだろうな〜という妄想がありました。

もちろん、普段使わせていただいている「まるやま荘」さんのお味噌はとても美味しく、こちらの素晴らしさも伝えていきたい。

では、「まるやま荘」さんを講師としてお招きして宿で味噌を仕込もう!
そしてどうせなら他にも味噌を仕込みたい人と一緒に大勢でたくさん仕込んでしまおう!というのが企画の発端です。




【イベント後記】

もともと自分で味噌を仕込んでいる発酵好きのスタッフ企画ということもあって
「まるやま荘」味噌製造担当の野田さんとの事前打ち合わせは毎回内容の濃いものとなりました。

味噌の作り方を伝授するだけではなく、もっと味噌を身近に感じてもらえるようなお話しや、地域に根ざした活動を続けていらっしゃる「まるやま荘」さんについても知っていただけるような時間をもうけ、フードスタイリスト 近藤緑さんのご協力のもと、味噌を使った料理教室も行うという充実ぶり。







函館に移住してきたばかりの方もいらっしゃる中、講師やスタッフも一緒に「函館の食」の話しを中心に夜の懇親会は盛り上がり、宿ならではのリラックス感で良き交流の場となりました。











 

2日目はいよいよ味噌仕込み。「まるやま荘」さんよりお借りした、まず家庭ではお目にかかれない大鍋で15kgの大豆を蒸し、今回の合宿のために仕込んでいただいた糀を使い、野田さんの指導のもと混ぜていきます。






当日は、小さな子がいて合宿は難しいけれど、味噌仕込みをしてみたいという方が数名お子様連れでいらっしゃっていて、子供も大人も一緒の作業。

味噌仕込みは初めてという方がほとんどでしたが、手順自体は難しくないので、大豆が蒸しあがってからはスムーズに進み15kg以上の手前味噌をお持ち帰りいただきました。
「完成が楽しみ〜」
「みんなで持ち寄って食べ比べしたいね」
など今後に繋がりそうな感想もいただき、味噌が食べ頃となる1年後にまた集まる会を企画したいと思っています。